roboto.jpg


いよいよセカンドライフ日本版の試験サービスもはじまり、インターネットにまたひとつ大きな波が押し寄せている気がします。

私は何とかインターネットの時代に間に合った世代ですが、それでもあと20才、いや、10才でもいいから若かったらな~と思うことがあります。そうすればもっとすごい時代を体験することができるような気がするからです。

インターネットが本格的に普及しはじめて12年、グーグルに至っては創業(1998年)してまだ9年しか経ってないのです。それでこのウェブ2.0といわれる時代まで進化したわけですから、これからの10年はもっと大きく変わるだろうことは想像に難くありません。しかし、さらにその先の10年は‥‥と考えると、ネットの時代のスピードは従来の時間の概念を変えるくらいとてつもなく速いので、もはや我々の想像さえ及ばない世界が待っているのかもしれません。

セカンドライフにもオープンソースというウェブ2.0の思潮が生きていますが、ただ、グーグルのようにネットの世界を牽引するパワーを持ち得るのか、まだまだ未知数な面も多いように思います。

セカンドライフでは仮想通貨のリンデンドルが米ドルと換金できることが大きな特徴で、それによってリアル経済とリンクしたことが人気を博している理由のひとつだと言われていますが、ただ、セカンドライフ内で土地を購入しようとすれば、日本円でおよそ20万円近くのお金が必要なのだそうです。だとすれば、それは、無料経済あるいはチープ革命(梅田望夫氏)と呼ばれるウェブ2.0の思潮からは対極にあるような気がしないでもありません。

現に今週の『エコノミスト』(7/24号)でも「セカンドライフに群がる企業」という特集が組まれていましたが、名だたる大手企業が我先にセカンドライフに進出している姿を見るにつけ、なんだかいや~な予感がするのは私だけなのでしょうか。

ところで、先日の日本経済新聞で、グーグルのCEO(最高経営責任者)のエリック・シュミット氏が「5年以内に次のグーグルが必ず現れる」と発言しているのを読んで、今更ながらにグーグルのすごさを再認識させられた気がしました。普通、こんな感覚を持っている会社の社長なんていないでしょう。ましてこの日本では‥‥。

もちろん、グーグルが唱えるウェブ民主主義が必ずしも手放しで礼賛できるものではないことは前にも書いたとおりです。ただ、この発言をみる限り、分散型のネットワークであるインターネットが潜在的に持っている反中央集権・反権威の考え方が、グーグルの中にも流れているような気がしないでもありません。

以前、あるポータルサイトの社長が、検索エンジンの精度が上がったので検索連動型広告の売上げが鈍化したというような発言をしていましたが、グーグルの社長なら間違ってもこんな言い方はしないはずです。もしグーグルの社長だったら、アドワーズの売上げが上がらないのは検索エンジンの精度が上がってないからだ、と言うのではないでしょうか。こういった素朴なまでのテクノロジー万能主義ともいうべき姿勢とそれに裏打ちされた高い技術力が、日本を除いたネット先進国で僅かの期間に圧倒的なシェアを獲得するに至った要因であることは間違いありません。

もうひとつ、私がいつもすごいなと思っているのは、梅田望夫氏と茂木健一郎氏との対談集『フューチャリスト宣言』の中でも触れられていましたが、あのグーグルのトップページに広告がないということです。いつも見慣れているので広告がないのが当たり前のことのように思いがちですが、よく考えてみれば、それってすごいことではないでしょうか。もし広告を募集したらとてつもない値段が付くはずです。でも、あえてグーグルはそれをしない。そこにグーグルという会社のポリシーが貫かれているような気がするのです。

同じ『フューチャリスト宣言』の中で、やはりウェブ2.0の思潮のひとつである集合知を代表するウィキペディアようなコンテンツがどうして日本では生まれなかったのかということが話題になっていましたが、それは我々が考える以上に問題の根は深いのではないでしょうか。

ネットショップでも相変わらずモノマネばかりで、そうやって右顧左眄しながら人のあとに付いて歩くことしかできない人間に限って、我こそトップランナーなのだと大言壮語することだけには長けているのです。せめてネットの中くらい個性よ出でよと言いたい気がします。

梅田氏は、この特殊日本的な状況を打破するのはオープンソースの精神が身に付いている今の20代くらいからの若者達だろうと言ってましたが、であれば尚更もっと若ければな~と思えてなりません。
2007.07.18 Wed l ネット・メディア l top ▲
IMG_0207.jpg


まだ梅雨も明けてないというのに、渋谷も原宿も新宿もいっせいにバーゲンがはじまっています。何だか年々早くなっているような気がします。

渋谷の街も一見、バーゲン目当ての若者達で賑わっているように見えますが、地元で古くから店をやっている人に言わせれば、現実はかなり深刻なようです。先日、若者向けの週刊誌で「渋谷のスラム化」が特集されていましたが、何を今更という気がしました。

渋谷が一番輝いていたのは、やはり、80年代ではないでしょうか。私が渋谷に通いはじめたのもちょうどその頃です。その立役者はなんといっても70年代に本格的に渋谷に進出した西武・セゾングループでしょう。

右肩上がりの経済を背景に、斬新な広告と多彩な文化戦略で渋谷の街を一変させたのはご存知のとおりです。そして、その中心を担ったのが宇田川町に本社を構えていたパルコでした。

ところが、当時『アクロス』の編集長だった三浦展氏の「80年代消費社会論の検証」によれば、既に80年代からパルコの売上げは下降線を辿りはじめていたのだそうです。これは意外でした。

もっとも、当時、西武を担当していた私の中にも、「ホントにこれで儲かってるのだろうか?」という疑問がまったくなかったわけではありません。しかし、”池西(いけせい)”と呼ばれていた池袋西武の伝説的な売場である8階ギフトエリアやオープンしたばかりの渋谷ロフトの行け行けドンドンのお祭り騒ぎの中で、そういった疑問も片隅に追いやられていたというのが現実でした。

私の中の西武の印象は、よく言えば自由、悪く言えばいい加減といった感じでした。だから、三浦氏が書いていたように、パルコの文化戦略なるものも実は先日亡くなった元パルコ社長・増田通二氏の単なる思い付きや個人的な趣味にすぎず、元々戦略なんてなかったんだ、というのもわかるような気がします。

パルコの本社のみならず当時池袋にあった西武百貨店の商品部も、とにかくびっくりするくらい自由な雰囲気に溢れていました。私達は「喜多郎みたいな社員がゴロゴロいる」なんて言い方をしていました。仕入れの権限もほとんど売場の担当者に任されていましたし、(給料はそんなによくなかったみたいですが)社員達には働きやすい職場だったのではないでしょうか。

後年、ある雑貨チェーンの会社に商談に行ったら、西武でバイヤーをやっていた女性がいたのでびっくりしたことがありました。経営難に伴うリストラで転職したということでした。しかし、彼女はあきらかに窮屈そうでした。「すいません。西武と違って上の決済をもらわなければならないので時間をいただいていいでしょうか?」と申し訳なさそうに言ってたのが印象的でした。

ロフトの会合に出席したとき、関係者の挨拶の中に当時流行っていた経済人類学の用語がポンポン出て来るので、「何だ、これは」と思ったことを覚えています。また、あるとき、西武の担当者が「(雑貨の会社で)社員が20人を越すとダメになる会社が多いんですよね~」と言ってましたが、西武はそういった零細な業者でも商品さえ面白ければ偏見なく受け入れてくれたのです。ちなみに、日本ではまだなじみの薄かった海外のポストカードやラッピングなどを一番最初に興味を示したのも西武だったそうです。

三浦氏は、『アクロス』の定期購読者でもあったという上野千鶴子氏との対談集『消費社会から格差社会へ』の中で、かつての西武・セゾングループの総師・堤清二氏にはある種の破滅志向があったんじゃないか、と言ってましたが、もしかしたら西武・セゾングループには彼らオールドコミュニスト達の見果てぬ夢が込められていたのかもしれません。

渋谷ではかつて東急と西武の戦争が行われていると言われていましたが、では、果たして今、東急はホントに渋谷で勝利したと言えるのでしょうか。私には渋谷が益々個性が失われたつまらない街になっているように思えてならないのです。
2007.07.11 Wed l 東京 l top ▲