ぼつぼつ花粉症の症状が出てきました。それに、最近はときどき右の胸に痛みを覚えることがあります。年に2回心電図をとっていますので、まさか心臓の疾患ではないと思いますが。胸の痛みはストレスが関係していることも多いそうで、今月は月の半ばから月末までずっと予定がつまっていて貧乏暇なしの状態なので、そういったことと関係があるのかもしれません。

(しつこいようですが)小沢問題では相変わらず検察からリークされた飛ばし記事が横行していますが、ただ、一方で、小沢問題がこの国のマスコミのあり様を問い直すきっかけになりつつあることも事実です。それは、言うまでもなく、記者会見の全面開放(記者クラブ権益のはく奪)とクロスメディア(新聞によるテレビの系列化)の見直しです。今までマスコミは一切無視して蓋をしてきましたが、今回の問題をきっかけにいろんな人の口の端に上るようになってきました。

たとえば、孫正義氏のtwitterでも、こんなつぶやきがありました。

言論の自由の本質は、国民一人一人が伝える事のできる権利と知る事のできる権利。既得権益のTV局や新聞社等でInternet記者や外国記者を締め出している記者クラブは、完全なるカルテル。義に反する。
http://twitter.com/masason/status/8026763645


多様な意見と健全な批判精神は民主主義の礎です。言論が権力によってコントロールされる危険性が今回ほどはっきりしたことはないでしょう。それは民主社会の根幹にかかわる由々しき問題で、小沢一郎を支持するかどうかというような問題ではないのです。「小沢一郎を乗り越えるべきは東京地検特捜部ではなく国民だ」と書いているブログ(「きまぐれな日々」)がありましたが、まったくそのとおりですね。

社会の木鐸として権力を監視する役割を果たしてないマスコミに、「言論の自由」や「国民の知る権利」を口にする資格はありません。まして、「言論の自由」や「国民の知る権利」は彼らの特権ではないのです。

私は、上杉隆氏のつぎのような言葉に同感します。(週刊・上杉隆【第111回】 2010年01月28日

 検察のリークがほしいマスコミは、まるで飼い主からえさをもらう犬のように、飼い主には吠えず、ただ気に入られようとするあまりにしっぽをちぎれんばかりに振ることになる。

 検察のリークで紙面や番組を作っている新聞やテレビに検察批判ができるのか。検察がもし間違ったことをしたときに、マスコミがどれだけそれを報道できるのか。

 一部のマスコミはそれを報道の自由だという。接見した弁護士が漏らしているという検察と同じではないか。今回の事件で、検察のリークを批判し、検証したマスコミがあったか。

 記者クラブなる既得権にしがみつき、取材対象となあなあになっているマスコミが報道の自由などという錦の御旗をふりかざすべきではない。


宇多田ヒカルの「Beautiful World」に、「新聞なんていらない 肝心なことが載ってない」という歌詞がありますが、今回の報道に対しては、私のまわりでも新聞やテレビのニュースは不快なので見たくないという声をよく耳にしました。それは今までとは違う反応です。それだけマスコミの下心が透けて見えているということかもしれません。これからますますこのようなマスコミ不信は増幅され、読者離れがすすむのではないでしょうか。既に毎日と産経は実質的に債務超過におちいっているという話もありますが、噂されるように廃刊や統合が現実味を帯びてくるかもしれません。既得権益を守るために検察と一体となって暴走したマスコミは、みずから墓穴を掘ったと言えなくもないのです。
2010.01.29 Fri l 社会・時事 l top ▲
病院に行きました。先生から「どうですか?」と訊かれたので、「すこぶる快調です!」と答えました。すると、このままバックレると思われたのか、「薬が効いているのだと思いますよ。薬をやめるとまた再発する可能性がありますので、薬は飲みつづけた方がいいですよ」と釘をさされたのでした。でも、ホントに薬を飲まなくても「快調」なのです。ただ、薬代も含めて1回が3千円くらいだし、それに腎臓に石があり、それがいつ尿路に落下するともしれないので、いざというときのために通いつづけるのも損はないかなんて思いました。ずいぶん医者をなめた患者ですね。そのうちバチが当たるかもしれません。

廊下で診察を待っているのは、相変わらずくたびれた中高年男性ばかりでした。そんな中、「オレは違うぞ」と自分に言いきかせている自分がいました。ションベンが出ないのになにが楽しいのか、時折、受付の女の子に軽口を叩いている患者がいましたが、これがまた思わず耳を塞ぎたくなるようなおやじギャクのオンパレードなのです。受付の女の子もさすがに愛想笑いに疲れた様子でした。

長椅子にすわると、目の前のマガジンラックに『週刊朝日』があるのに気付きました。同誌の1/29号に掲載されている上杉隆さんの「検察の狂気」について、鈴木邦男さんが今回の小沢問題でいちばん本質をついている記事だと書いていましたので、さっそく読んでみました。小沢一郎は強面のイメージがあるけど、実際に会うと腰が低く人なつっこくていい意味で期待を裏切られるいうエピソードを読みながら、昔、渋谷の東急東横店で小沢一郎を見たという知り合いの女の子の話を思い出しました。当時学生で東横店でアルバイトをしていた彼女は、閉店間際、小沢一郎が秘書も連れずにひとりでペット売り場にやってきて、しばらくの間、目を細め腰をかがめてペット達に見入っていたのを目撃したそうです。彼女はそんな小沢一郎を見て、ホントに動物が好きなんだなと思ったとか。しかし、これが週刊誌の手にかかれば、小沢邸のペットはみんな建設会社からの闇献金で手に入れたもので、ペットの世話もドレイのような秘書達の仕事になっているという、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い話になるのです。

産経から赤旗まで検察のリークに踊って、検察の暴走のお先棒を担いでいる光景は、まさに翼賛報道の最たるものでしょう。今更って感じですが、いざとなれば右も左も同じなのです。要するに、右だとか左だとか(ウヨだとかサヨだとか)言っているうちは本質的なものはなにも見えてこないということです。まさに小沢問題は、「検察の狂気」であるとともに「マスコミの狂気」であり「政治の狂気」でもあるのです。
2010.01.26 Tue l 社会・時事 l top ▲
今日、新横浜で昼食を食べようと居酒屋に入りました。ところが、隣の席のサラリーマンが煙草をプカプカ吹かすので食事どころではなく、早々に出てきました。私も10数年前まではヘビースモーカーでしたので、現金といえば現金な話ですが、ただ、最近は煙草の煙にますます敏感になっており、少し煙を吸っただけで咳き込んで、どうにもならないのです。

私は酒を飲まないので、もともと居酒屋に行く機会も少ないのですが、居酒屋の場合、分煙なんてほとんどなきに等しいため、どうしても足が遠のいてしまいます。今日も居酒屋に入ったことを後悔しました。

また、最近は喫茶店にも行くことが少なくなりました。先日の朝も横浜まで来たら東横線が事故(いつもの人身事故)でとまっているというので、モーニングでも食べて時間を潰そうと地下街にある喫茶店に入りました。すると、あにはからんや、あとから隣の席に来た客が煙草をプカプカ吹かしはじめたのでした。しかも、両隣で。もちろん、すぐ席を立ちました。街の喫茶店の場合、このように煙草の煙に遭遇する確率が非常に高いのです。

斎藤貴男氏は、昨今の風潮を「禁煙ファシズム」だと言ってましたが、たしかに愛煙家が肩身の狭い思いをしているのはよくわかります。ただ、煙草の煙に咳き込むのは自分ではどうしようもないのです。そのため、煙草の煙に顔をしかめざるをえないのです。

私は、喫茶店の場合、「当店は喫煙オンリーです」とか「当店は禁煙です」とか看板を出したらいいのにといつも思います。そうすれば、喫煙者も心おきなく煙草が吸えるし、煙草嫌いな人間も間違って入ってくることもないのです。「喫煙オンリー」でも、既に喫煙者は多くのカフェから締め出されていますので、かえって繁盛するかもしれません。ただ、店内はすごいことになりそうです。想像しただけで喉の奥がムズムズしてきますが。
2010.01.19 Tue l 社会・時事 l top ▲
商売人としては政治の話をするのは気がひけるのですが(どこからか、「よせばいいのに」という声も聞こえてきそうですが)、もう少し床屋政談を。

今回の3名の小沢(元&現)秘書逮捕をみるにつけ、私は、ここまで官僚達が民主党政権に怯えていたのかと思いました。一説には、小沢幹事長が打ち出した「検事総長の政治任命(民間登用)」が”小沢狙い撃ち”の背景にあるのではないかと言われていますが、いづれにしても検察の背後に公務員の既得権益を守ろうとする霞ヶ関の官僚がいるのは間違いないでしょう。(もうひとつ、旧田中派時代からつづいている対米従属派とアジア重視派の暗闘という側面もあるように思いますが)

一方で、私はやはり、マスコミの体たらくを考えないわけにはいきませんでした。都合のいい情報をリークして、マスコミが”灰色”を”まっ黒”にしてくれるのを待って強制捜査に着手するというのは検察の得意な手法ですが、今回ほどそれが露骨に使われたことはないように思います。まさにマスコミは踊る阿呆で、これでは誰も”検察の暴走”をチェックできず、検察がやりたい放題なのは当然でしょう。

折しも、神保哲生氏のブログ「ビデオニュース・オン・ディマンド (2010年01月14日)」によれば、さる14日、原口一博総務大臣が、外国特派員協会の講演の中で、「現在のメディア集中排除原則を改正し、新聞社のテレビ局への出資を禁止する法案を国会に提出する意思を表明した」のだとか。民主党が重要政策としてかかげる「メディア改革」がいよいよ表に出てきたという感じです。

原口大臣は、「クロスメディアの禁止、つまり、プレスと放送が密接に結びついて言論を一色にしてしまえば、そこには多様性も民主主義の基である批判も生まれないわけであります。これを、法文化したいと考えています」と発言したそうですが、たしかに「日本のメディア市場が、5つの全国紙と全国放送網の系列が圧倒的シェアを維持したまま固定化され、過去50年にわたり新規参入がまったく行われていない」のは、どう考えてもおかしいのです。それが今回のような権力による言論のコントロールが生まれる下地にもなっているのです。つまり、マスコミがあたかも自分達の特権であるかのように口にする「言論の自由」や「国民の知る権利」が十全に機能してないということです。

民主党が公約としてかかげた記者会見の全面開放(記者クラブ権益のはく奪)に対しても、みずからの存立基盤をゆるがすものだけに大手メディアの反発はすさまじいものがあるそうで、そういったところからも”民主党叩き”がはじまっているのかなと思いますが、「検察と断固戦う」という小沢氏の言やよしで、民主党にはもっと本気度を出してこのような談合体質と国家を食いものにする構造にメスを入れてもらいたいし、今こそそういった民主党の本気度が試されているのだと言いたいですね。(ただ、鳩山さんではちょっと頼りないので、期待半分ですが)

>>民主党政権
2010.01.16 Sat l 社会・時事 l top ▲
東京地検特捜部が民主党の小沢幹事長の関係先を一斉に家宅捜索したとかで、今日は朝から”検察の正義”のオンパレードでした。高見順ではないですが、なんだか「いやな感じ」ですね。産経から朝日(それどころか赤旗)まで、マスコミがこぞって検察の提灯持ちをしている光景は、どう考えても異常です。民主党がかかげるメディア改革、とりわけクロスメディア(新聞社とテレビ局の系列化)を見直されたら新聞なんてひとたまりもないのでマスコミも必死なんだろう、とついうがった見方さえしてしまいました。

ところで、最近はやたら食欲が旺盛で、自分でも困っています。食べても食べても食欲がとどめもなくわいてくるのです。怖くて体重計にも乗れません。

この異様な食欲もやはり、更年期障害と関係があるのかもと思ったりします。男の更年期も結構大変で、気を患うことが多く、よく情緒不安定になります。突然、悲しくて悲しくてたまらなくなったり、また、ひどく疑心暗鬼にとらわれたりします。いい年した学校の先生や公務員がホームセンターなどで万引きして捕まったなんていう記事がありますが、私はあれも更年期の情緒不安定が関係しているような気がしてならないのです。もしそうだとしたら、かわいそうです。

先日、知り合いの女の子にそんな話をしたら、「じゃあ、痴漢もそうかしら?」と言うので、「それは違うよ。ただの変態だよ」と言いました。
2010.01.14 Thu l 健康・ダイエット l top ▲
先日、図書館に行ったら、やはり受験前だからなのか、中高生達が大勢勉強していました。学歴だけが人生ではないというのは年をとればとるほどよくわかりますが、ただ、若いときにそうやって勉強するのは決して無駄ではないはずです。コンビニの前でウンコ座りしてカップラーメンをすすりながら大騒ぎしている少年とそれを横目で見ながら塾に通っている少年が10年後に差がつくのは当然だと、村上龍だかが言ってましたが、たしかに勉強をすればいいってものではないけれど、だからといって勉強しなくてもいいってものでもないのです。ネオリベの自己責任論は論外としても、勉強に限らず努力するというのは大事なことで、要は努力するチャンスが平等に与えられ、努力すればそれなりに報われる社会であるかどうかってことではないでしょうか。

ところで、勉強している中高生達をみて、私達の頃と違うなと思ったのは、彼らの脇に電子辞書が置かれていたことです。もちろん、私達の頃は電子辞書なんてありませんでした。そのために、研究社の英和辞典と角川の古語辞典と大修館書店の漢和辞典は必携で、当時の高校生は、カバンのほかに辞書が入ったナイロンの袋などを必ずさげていたものです。先生から一度引いた字句には必ず線を引いておけと言われて、それがいつの間にか習慣になり、社会に出ても辞書を引くたびに線を引いていました。

で、今どきの中高生に影響を受けたわけではないのですが、私も突然、電子辞書がほしいと思ったのでした。それで、ネットであれこれ調べて、なぜかワンセグ対応の機種(PW-TC980)を買いました。遅ればせながら電子辞書初体験です。

でも、よく考えたら、今はネットがあるので、そんなに必要な気もしないのです。一応取説を読んで、使い方はマスターしたつもりですが、まだ一度も必要にせまられて使ったことがありません。ブリタニカも入っていますが、信憑性は別にしてウィキペディアの方が面白しい便利です。せっかく買ったのに、なんだかこのまま宝の持ち腐れになりそうな気がしないでもありません。
2010.01.12 Tue l 日常・その他 l top ▲
ハジマリノウタ

サンディライオンのレアシールの企画を行ったところ、おかげさまでご注文が殺到して、ここ数日は昼夜を問わず、ひらすら発送作業に没頭していました。途中、疲れたらベットに横になり、30分~1時間くらい休憩してまた作業に戻るというくりかえしで、最後は疲労と寝不足でパソコンや伝票の文字が二重に見える始末でした。今日あたりからやっと落ち着いた感じです。

その間、作業をしながら聴いていたのがいきものがかりの新しいアルバム・「ハジマリノウタ」です。特に、「YELL」はいい曲です。これは昨年度のNHK全国学校音楽コンクール「中学生の部」の課題曲だそうですが、今の中学生はこんな歌が課題曲だなんて幸せだなと思いました。私達の頃は、地元の滝廉太郎音楽祭に参加するのが精いっぱいで、それも課題曲は「春の小川」や「故郷」などいわゆる”文部省唱歌”と決まっていました。

年末のレコード大賞はいきものがかりじゃないかと思っていたので、残念でしたが、それにしても、2009年はレコード大賞だけでなく、天皇即位20年の奉祝歌もEXLEで、なんだかヤンキー文化が平成の日本文化の代名詞にでもなったかのようです(ちなみに、即位10年のときはYOSHIKIでした)。そういえば、押尾学もエイベックスでしたが、今やエイベックスなんてヤンキーの一大拠点と化していますし、社長からしてヤンキーっぽいのです。現物が街から姿を消しつつある中、ヤンキー文化(あるいはヤンキー的なもの=ヤンキーテイスト)は益々増殖する一方なのです。ヤンキー文化おそるべしです。
2010.01.09 Sat l 芸能 l top ▲
開運

あけましておめでとうございます。

私は今日(1月2日)、大掃除用のマイペットやなにやらを買ってきました。年賀状も昨日やっと書き終えたところです。この調子ではどうやら今年も、”今日できることは明日にのばす”怠惰な生活からぬけ出すのは無理な感じです。また、マイペットを買ったついでに、下着の予備も大量に買いました。今年も「予備がないと不安症候群」も健在のようです。

大晦日は港に停泊している船が午前0時になったらいっせいに汽笛を鳴らす、いわゆる”除夜の汽笛”を聴きに大桟橋に行こうと思っていました。で、午後11時すぎ、コートを羽織って首にマフラーを巻き、部屋を出たものの、折しも大晦日の横浜は寒波の襲来で今冬いちばんの寒さだったのですが、その寒さに数メートルも歩かぬうちに「や~めた」とUターンして部屋に戻ったのでした。そのため港町のロマンチックな年越しを味わうこともできませんでした。

ところで、今日、体重計に乗ってびっくり。さらに体重が2キロ増えて都合5キロも増えていました。もちろん、お正月だからといって「なだ万」の数万円のおせちを食べたわけではありません。マルエツの2890円のオードブルを食べただけです。特にドカ食いをしているわけでも間食をしているわけでもないのに、この体重の増加は不気味ですね。年末にみた超肥満の女性がダイエットをする「あの日に帰りたい」というテレビ番組がふと頭をよぎり、正月早々暗い気分になりました。

明日は箱根の温泉に行って、3日遅れで1年のアカを流してきます。

では、今年もよろしくお願いします。
2010.01.02 Sat l 日常・その他 l top ▲