女性たちの貧困


NHK「女性の貧困」取材班『女性たちの貧困 ”新たな連鎖”の衝撃』(幻冬舎)を読みました。本書は、女性たちの貧困を取り上げた「クローズアップ現代」や「NHKスペシャル」などで、放送できなかった取材内容やエピソードをスタッフたちがまとめたものです。

渋谷や新宿や池袋の駅前などで、若い女性がキャリーバッグを引いて歩いているのをよく目にします。もちろん、その多くは仕事や学校やイベントのために東京にやってきた女性たちなのでしょう。しかし、番組のスタッフが夜の新宿で、彼女たちに声をかけて話を聞くと、「家賃が払えず、携帯電話だけを頼りに、深夜営業の店を渡り歩く女性が数多くいることがわかってきた」そうです。

 街でよく見かけるキャリーバッグを転がす少女たち。
 ファーストフード店や、ファミリーレストラン、カフェで見かける携帯電話を充電する少女たち。
 今回の取材を始めるまでは、特に気にとめることもなかった日常の風景だった。しかし、実際に、こうした女性たちに話を聞いてみると、その背景には、貧困、経済的な困窮という現実があり、そこから逃れようと必死にもがく姿が、漂流という形になって現れているのだと感じられた。


新宿駅近くのあるネットカフェでは、定員の7割が長期で利用する女性なのだとか。また、行政との交渉で住民票を置くことが認められた別の店では、小学生の女の子を含む母子3人が2年間店で寝泊まりしているという、衝撃的な事例が紹介されていました。

彼女たちは、化粧して身ぎれいにしているので、一見そんなに困っているようには見えないのです。だから、彼女たちのことを「見えない貧困」と言うのだそうです。

「キャリーバッグと携帯電話だけを頼りに街をさまよう少女たち」。そんな彼女たちの背景にあるのが、親の貧困です。

私も昔、「風俗」で働く若い女性たちに話を聞いたことがありますが、そのなかでよく耳にしたのは、きょうだいが多くて貧乏、父親が病気あるいは失業中、母子家庭でまだ幼い妹や弟がいるなど、経済的に「家族には頼れない」事情でした。また、メンヘラの傾向がある子も多いように思いました。もちろん、女子高生のあこがれの職業の上位にキャバ嬢が入るなど、若い女性たちのなかで「風俗」への敷居が低くなっているのは事実ですが、だからと言って「楽でお金が稼げるから」というような、私たちが想像しがちな「軽い」ものばかりではないのです。

一方で、「風俗」が経済的に困窮する若いシングルマザーの受け皿になっているという現実もあります。本書でも、「セーフティネットとしての『風俗』」と題して、報道局の女性記者がその現実を報告していました。

取材したデルヘル店では、シングルマザーのために、寮だけでなく託児所まで用意しているのだそうです。

 就労、育児支援、居住。働くことを余儀なくされたシングルマザーにとって、生活に欠かせない三つの要素だ。行政に頼ろうとすると、いくつもの担当課をまたぎ、それぞれの手続きを進めなくてはいけない。しかし、ここでは、生活するための必要な環境や支援がワンストップで手に入るのだ。


専門家は、番組のなかで、これを「社会保障の敗北」と表現したのでした。

厚生労働省の専門部会では、年収200万円未満を「生活保護に至るリスクのある経済困窮状態」と位置づけているのですが、非正規雇用の若年女性(15~34歳)のなかで年収200万円未満の収入しかない人は、289万人もいるそうです(2012年)。また、「勤労世代」(20歳~64歳)の1人暮らしの女性の32.1%、未成年の子どもがいる母子世帯の57.6%が貧困状態にあるのだそうです。

今の社会保障は、よく言われることですが、結婚して家庭を作り、世帯主の男性の収入やあるいは共稼ぎによって「文化的な生活」を営むことを前提とした家庭単位、家族単位のものです。でも、離婚率や生涯未婚率の上昇で、その前提そのものが既に現実的ではなくなっているのです。

高齢者世帯のなかで、単身世帯の貧困率が高いのも、年金二人分と一人分の金額を考えれば、誰でも理解できる話ではないでしょうか。それは、シングルマザーの場合も同じです。離婚しても、実際に養育費を受け取っているのはわずか20%にすぎないという現実。そのため、家計を補助するためにパートやアルバイトに出ていたのが、離婚した途端、そのパートやアルバイトの収入で生活することを余儀なくされるのです。とりわけ子供に手がかかり経済力に乏しい20代のシングルマザーにおいては、相対的貧困率がなんと80%にも達するのだそうです。

当然、親の貧困は子どもの貧困へとつながっていきます。OECDのレポートによれば、ひとり親世帯のなかで、親が働いている世帯の子どもの貧困率は54.6%で、加盟国34カ国中、とびぬけて高いのだそうです。これが、先進国で最悪と言われるこの国の格差社会の現実なのです。

日本はホントに豊かな国なのでしょうか。本書が書いているように、私たちは、「見えない貧困」と言いながら、ホントは見てないだけではないのか。見ようとしてないだけではないのか。

人並みのスタートラインに立つことさえできない貧困の世代連鎖。「女性が輝く社会」などという官製版やりがい搾取のようなスローガンの一方で、労働市場では相変わらず弱い立場に置かれている女性たち。本書が指摘した貧困は、私たちのすぐ身近にあるのです。もとより、私たち自身にとっても、決して他人事ではないはずです。

本書の最後に、「クローズアップ現代」の国谷裕子キャスターのつぎのようなことばが紹介されていました。

「自分のことを思い返しても、十代から二十代の前半の時代は、夢や希望にあふれる時期でした。時につらいことがあっても、憧れの人について友人ととどめもなく語り合ったりして、他愛のないことでも笑っていられる、人生の中でもキラキラ輝いている時期だと思います。その人生のスタート地点ともいえるときに、すでに夢や希望が失われる社会とはどんな社会なのでしょうか」



関連記事:
『老人漂流社会』
『ルポ 虐待―大阪二児置き去り死事件』
貧困という現実
ワーキングプア
2015.04.08 Wed l 本・文芸 l top ▲