ときどき「すごいな~」と思うサイトがありますが、「東京紅團」もそのひとつです。

「東京紅團」は、小説やエッセイなどに登場するゆかりの場所を探訪するサイトです。

管理人がどんな方なのか、プロフィールがありませんのでわかりませんが、1999年の9月から探訪をはじめておられるようですから、もう7年近くつづけていることになります。

「東京東京と書けば書くほど哀しくなる」といったのは寺山修司ですが、地方出身者のひとりである私にはこの気持は痛いほどよくわかります。

無名の頃の多くの作家達も、貧乏や恋愛といったお定まりの青春を送っていたのですが、それが東京を舞台にするとまた違った色彩を帯びてくるから不思議です。

夢と希望の先にあるのは挫折と絶望です。東京というのは、そんな人生のつらさや哀しみを教えてくれる街でもあります。

しかし、一方で、東京は、つらさや哀しみに打ちひしがれた人間をそっと励まし慰めてくれる街でもあります。

「東京紅團」を通して、そんな小説の主人公や作家達の人生の断面を垣間見ることができるような気がします。
2006.06.25 Sun l ネット・メディア l top ▲