img285.gif


シールマニアは主要な検索サイトの検索順位では常に上位に位置しており、そのおかげで多くのお客様にご来店いただいております。初めてご来店いただいたお客様の多くも検索サイトを通していらっしゃったのではないでしょうか。

一番メインのキーワードは「シール」ですが、12月10日現在、「シール」での検索順位は、YST(ヤフー)で9位、MSNで7位、Inktomi(fresh EYE)で9位、Googleで18位となっております。

特にヤフーのシェアは絶大で、シールマニアの場合、検索サイトを通してご来店いただくお客様の65%はヤフー経由です。ちなみに、Googleはgooなど提携しているサイトを含んでも25パーセント程度です。

それこそ気の遠くなるくらい何度も試行錯誤を繰り返して、やっとここまで辿り着くことができました。

ところが、昨日のことです。キーワーごとに各検索サイトの順位の一覧を表示できるツールがあるのですが、それに「シール」と入れてみたところ、YSTの順位が表示されないのです。このツールは50位までしか表示できません。ということは、50位以下に順位が下がったということです。

この半年間、常に10位以内をキープしていたのですが、一体どういうことなのか、すかさずYST単独で「シール」の順位を確認しました。すると、なんということでしょう、210位まで下がっていたのです。

ただ、通常、こんな急激な下落はありえないし、他の検索サイトはいつもの順位を表示していますので、イレギュラーな現象だろうと思いました。そして、それから2時間後、20位まで順位が上がりました。

しかし、それも11月7日にキャッシュ(検索サイトのクローラーが巡回して収集したサイトの最新データのこと)されたものが表示されていました。他のキーワードでは12月7日にキャッシュされたデータが表示されています。「シール」だけが古いのです。

おかしいなと思っていたところ、案の定、夜、帰宅してYSTを確認したら、いつもの位置(9位)に戻っていました。

検索サイトではこういったトラブルはよくあることだというのはわかっていても、正直、ホッと胸を撫で下ろしました。

このようにネットショップというのは、検索サイト次第なのです。まず、お客様がよくお使いになるキーワードで上位に位置すること(シールの場合は「シール」)、それが全ての前提です。

もちろん、上位に位置したからといって売れるという保証はありません。売れるためには、他にさまざまな要素が必要ですが、それでもまず、上位に位置しないことには話になりません。

主要なキーワードで上位に表示されること、あくまでそれがメインストリームなのです。
2005.12.10 Sat l ネット・メディア l top ▲