23359746_m.jpg
(写真AC)



■極めて異例な「推定無罪」


松本人志に対する文春砲について、テレビの取り上げ方に私はどうしても違和感を抱かざるを得ません。

どこか奥歯にものが挟まったような言い方で、最後には必ず、「なお、松本さんの所属事務所の吉本興業は、報道に対して当該事実は一切なく、法的措置を検討していく予定だと述べています」との文言を付け加えることを忘れないのです。いわゆる「推定無罪」を前提に、松本人志の人権に配慮したような姿勢が垣間見えるのでした。

もちろん、それはそれでとてもいいことです。芸能人のスキャンダルを報じるのに、このように人権に配慮して丁寧な扱い方をするのは、報道機関のイロハとも言えるでしょう。

ただ、これが極めて異例であることもまたたしかなのです。松本人志のような大物タレントではなく、吉本のような(各テレビ局が株主になっているような)大手ではなく弱小プロダクションのタレントの場合は、人権もクソもないのです。それこそ「推定有罪ゝゝ」で、あることないことあげつらうのが普通なのです。

ほかのタレントやテレビのコメンテーターが、松本のスキャンダルに疑問を呈して援護射撃を行うようなことも、普段はほとんどありません。彼らは風にそよぐ葦なので、メディアと一緒になって叩くのが常です。

■問題の根幹


今回のスキャンダルの問題の根幹にあるのは、やはり「テレビ局と吉本興業の”不純な関係”」です。

内田樹氏は、Xに次のように投稿していましたが、決してオーバーではなくテレビは生き残ることができるかどうかの瀬戸際に立っていると言ってもいいでしょう。もう誤魔化しは利かないのです。


テレビは、松本人志のスキャンダルでは、スポンサーが企業名を外すなど先に行動を起こし、テレビがそれに引きずられて対応するという醜態を演じているのでした。しかも、スポンサー名を外したのは、あのサラ金のアコムやレイクなのです。ハラスメントに対する社会的責任という点では、報道機関であるテレビはかつて社会的な批判を浴びたサラ金より意識が低いと言わざるを得ないでしょう。

既得権益の上に胡坐をかき、公共の電波を私物化するその思い上がった姿勢が、既に国民の目にもはっきりと映っているのです。だから、電波オークションを求める声が出て来るようになったのでしょう。

どのチャンネルをひねっても吉本の芸人が出て来るような今の状況は、どう考えてもおかしいのです。だから、このような破廉恥なスキャンダルも生まれるのです。

松本人志に関しては、堰が切られた感じなので、これからさらにスキャンダルが噴出する可能性は高いと思いますが、テレビはどうするつもりなのか。今のように吉本興業の意向ばかり気にしていたら、にっちもさっちもいかなくなるでしょう。

テレビのあり方が問われているのですが、とてもそういった問題意識を持っているようには思えません。テレビは反省しないまま生きる屍と化すのでしょうか。

■早くも露呈した吉本の「腰砕け」


くり返しになりますが、吉本興業とアテンドした小沢一敬の所属事務所のホリプロコム(ホリプログループ)のコメントは、次のようなものでした。

一部週刊誌報道について

本日発売の一部週刊誌において、当社所属タレント ダウンタウン 松本人志(以下、本件タレント)が、8年前となる2015年における女性との性的行為に関する記事が掲載されております。

しかしながら、当該事実は一切なく、本件記事は本件タレントの社会的評価を著しく低下させ、その名誉を毀損するものです。当社としては、本件記事について、新幹線内で執拗に質問・撮影を継続するといった取材態様を含め厳重に抗議し、今後、法的措置を検討していく予定です。

ファン及び関係者の皆様には大変ご心配をおかけする記事内容でしたが、以上のとおり本件記事は客観的事実に反するものですので、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。


皆様におかれましてはご心配をお掛けし、大変申し訳ございません。
スピードワゴン小沢一敬はこれまで通り活動を続けてまいります。
なぜならば、小沢の行動には何ら恥じる点がないからであります。
一部週刊誌の報道にあるような、特に性行為を目的として飲み会をセッティングした事実は一切ありません。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
                                     株式会社ホリプロコム


吉本興業の強気なコメントだけでなく、ホリプロコムのコメントにも驚きました。「小沢の行動には何ら恥じる点がない」と言い切っているのです。ホントに大丈夫かと思いました。今回のスキャンダルの前にも、同僚のタレントたちから、小沢の飲み会は「闇」だとか、小沢のファンだという女子アナに対して、飲み会だけは行かない方がいいなどと言われていたのです。

一方で、吉本興業の幹部は、朝日新聞の取材に対して、「裁判になった場合、松本が個人で提訴する形になるだろう。吉本は会社としてサポートするが、側面支援という形だ」と明かしているのでした(下記記事参照)。

朝日新聞デジタル
松本人志さんのワイドナショー出演表明 驚いたのはフジ幹部だった

コメントで、「今後、法的措置を検討していく予定です」と強気の姿勢を見せていたことと比べると、あきらかに後退した印象です。私も前の記事で、コメントの文面に対して、「既に腰が引けている」「『法的措置』まではいかないのではないか」という声があることを書きましたが、早くも「腰砕け」が露呈した感じです。休止から引退が既に既定路線であることが、この吉本の「腰砕け」からもうかがえるのでした。

週刊誌やスポーツ新聞では、松本人志の活動休止に際して、何年したら復帰するのかとか、その間誰が代打で出るのかなどといった話がまことしやかに飛び交い、麒麟の川島だ、東野幸治だ、今田浩司だ、千鳥の大悟だなどと吉本の芸人の名前が上げられているのでした。

テレビだけでなく、週刊誌やスポーツ新聞も、未だに吉本の顔色を伺って、現実を糊塗するような記事を書いているだけです。それが読者にバレバレになっていることすら彼らはわかってないのです。
2024.01.12 Fri l 芸能・スポーツ l top ▲