昨夜遅く、再び腹痛に襲われ、前夜にひきつづき緊急外来に駆け込みました。

再度、検査した結果、尿路結石の疑いありとのことで、早急に詳しい検査をした方がいいと言われました。

おとといの夜は若いドクターでしたが、連夜の外来ということもあってか、昨夜はベテランのドクターが検査をしました。エコーのプローブ(と言うらしい)を左脇の下腹部に当てながら、横にいた若いドクターに「これがわからないのか」とを少し強い口調で言っていました。横にいた若いドクターが昨夜診察したドクターだったのか記憶がはっきりしませんが、大きな病院の緊急外来と言っても、研修中みたいな若いドクターが多いのでこれでは不安だなと思いました。薬を処方して貰うくらいしか期待できない感じです。

紹介状を書いて貰って、帰宅したのが午前4時近くでした。

ただ、別に治療をしたわけでもないのに、不思議と痛みは和らぎました。鎮痛剤も処方してもらいましたので、その点は安心でした。

診察の際、触診というのか、ドクターが手でお腹を押しながら、ぽつんと「別にお腹は張ってないですね」と言われたのですが、それを聞いて私は「エエッ」と思いました。自分ではお腹が張っていると勝手に思っていたからです。それで、便秘だと思い込んでいたのです。単に太ってお腹が出ただけだったのです。それもショックでした。
2008.01.07 Mon l 健康・ダイエット l top ▲